てらい眼科

〒553-0002
大阪市福島区鷺洲4丁目3-23
福島スカイハイツ1階
☎ 06-6453-5580

てらい眼科からのお知らせ

2019.12.01
年末年始 12月29日(日)から1月5日(日)まで休診となります
2019.07.01
お盆休み 8月11日(日)から8月18日(日)まで休診となります
2019.04.01
5月の連休 4月28日(日)から5月6日(月)まで休診となります

お知らせ一覧

診療内容

  • 眼科一般、小児眼科、緑内障、網膜疾患、眼科成人病検査
  • 各種コンタクトレンズ取り扱い

その他、目に関することなら何でもお気軽にご相談ください。

診察時間 日・祝
9:30〜12:30 / /
16:00〜18:30 / / /

初めて診察を受けられる方へ

  • 初診の方は問診や検査等に時間がかかる場合がありますので、充分時間に余裕をもってご来院ください。
  • 今ご使用されているメガネや点眼薬、内服薬があればお持ちいただくと診察の助けになります。
  • 糖尿病や飛蚊症(目の前を何かが飛んでいるようにみえる)では、詳しい眼底検査(散瞳検査)が必要です。診察後数時間、普段より眩しくなりますので車では来院しないでください。
  • コンタクトレンズをご希望の方は、当院ではテストレンズを試していただき、その経過をみてからの処方となりますのでご了承ください。初めてコンタクトレンズをされる方は装用練習などがありますので、受付終了1時間前までにご来院ください。

診察・検査の進め方

  1. 受付で保険証を見せていただき、問診表にご連絡先や症状などをお書きいただきます。紹介状をお持ちの方はこのときに受付にお出しください。
  2. 現在の目の状態を把握させて頂くために、初診の方は原則として視力と眼圧(成人以上の方)を測定させていただきます。
  3. 診察の結果、散瞳検査が必要となった場合は、さらに30分から1時間必要です。
  4. 診察が終わりましたら会計をしていただき、薬が必要な方には処方箋をお渡しします(当院は院外処方となりますので、お近くの薬局でお薬を購入して下さい)。 初診時の費用はおおよそ次のとおりです。
    • 3割負担の方 2,000~3,200円
    • 1割負担の方 700~1,200円

当クリニックについて

院内紹介

受付

待合室

視力検査表

診察室。左はレーザー治療を行う機械です。

視野検査をする機器。右がハンフリー視野検査、左が動的視野検査。緑内障や頭蓋内病変の診断に使います。

OCT(光干渉断層計)。網膜の断面を細胞レベルで検査できます。黄斑部病変や緑内障の早期発見が可能です。

院長ごあいさつ

はじめまして、てらい眼科院長の寺井実知子です。
私は平成5年に関西医科大学を卒業後、母校の眼科学教室に入局しました。これまでいろいろな病院で、それぞれの専門分野の患者さんを数多く診療し、白内障を中心に手術治療にも携わり、平成10年には眼科専門医を取得しました。市立吹田市民病院眼科医長を7年間務めた後、平成25年7月5日に当院を開業いたしました。
当院はわかりやすい説明を心掛け、受診して良かったと思っていただけるような、地域の皆様に親しまれるクリニックをめざしておりますので、何でも気軽にご来院、ご相談下さい。
当院では、結膜炎やドライアイから子供の斜視・弱視、メガネ処方、コンタクトレンズ、緑内障の検査治療、網膜裂孔や糖尿病網膜症に対するレーザー治療など、幅広く目の疾患に対応しています。

院長・日本眼科学会認定 眼科専門医
寺井 実知子

院長略歴

平成5年3月関西医科大学卒業
4月関西医科大学眼科学教室入局
平成6年6月松下記念病院出向
平成8年9月大津赤十字病院出向
平成12年11月関西医科大学眼科学教室 眼科助手
平成15年4月松下記念病院出向
平成18年1月市立吹田市民病院出向 眼科医長
平成25年7月5日てらい眼科開業

【所属学会】

  • 日本眼科学会
  • 日本緑内障学会
  • 日本小児眼科学会
  • 日本コンタクトレンズ学会

【免許】

  • 平成5年5月 医師免許取得
  • 平成10年7月 日本眼科学会専門医取得

ロゴマークについて

てらい眼科のロゴマークは、TEZUKAYAMA GALLERYの住吉明子さんにお願いして作ってもらいました。
ウサギに深い意味はありませんが眼科の視力検査で使うランドルト環を持ってもらっています。

アクセス

てらい眼科

〒553-0002
大阪市福島区鷺洲4丁目3-23
福島スカイハイツ1階
☎ 06-6453-5580

大阪市バス 59系統「鷺州(さぎす)」バス停より徒歩1分

Googleマップで見る

このページのトップへ